やあ、せつ子です。

会社の福利厚生として、塩の量が計ることができる便利グッズをもらいました。
タニタの「しおみくん」というやつです。

20190317_104337070.jpg


スタイルは体温計に見えるかもしれません。
これは、液体中の塩分の量を電子的に計測してランプでお知らせするというもの。
「薄い」「普通」「濃い」から、6段階のランプで計ってくれます。
いったい、どんな仕組みになっているのでしょうか。ボタン電池3個で動きます。

計って楽しい、見ておもしろい。
視覚的に塩分の量がわかるのは、結構いいと想います。
会社からのプレゼントだから、もちろん0円で手に入ったことになります。
あたしは生命保険の人だから、体重計や歯ブラシなど、健康的なギフトがあったのです。
一番遊べそうなものとして、タニタのしおみくんでした。

20190317_104321963.jpg


「料亭おおくま」の調理のときにも使えそう!
あたしは濃い味が好きだから、あっという間に赤ランプになりそうですが・・・

果たしてこれは、いつまで飽きずに使うでしょうか。

やあ、せつ子です。

今日のイラストは、お馬さんです。
なかなか、落ち着いていています。

うま1

お馬さんに乗れたら、楽しいと想います。
あたしも、遠足でお馬さんに乗ったことありますが、とても怖くてずっとなんか座れません。


キリンビールのような、走ってる感のあるイラストがよかったのだけど、描けませんでした。
動きのある絵を描くにはどうすればよいのでしょうか。

うま2


動物さんのイラストも増えてきて、少しにぎやかになってきました。
お馬さんに乗りたい!背中に乗って移動してみたい!


あたしは、お馬さんより熊さんの背中を触りたいなぁ

やあ、せつ子です。

あたしは、どうしても顔文字を好きになれない。
それは、文章が汚くなるし、読む人にとっては顔文字が不快になるからです。
そんなあたしも、初めの頃はおもしろがって顔文字をたくさん使っていましたが
だんだん不快なものへと変化していった。


数が少ない分にはいいのだけど、ひとつにコメントに5個も6個もついてると
温厚なせつ子もさすがにイライラ・・・
読む人のことを考えているのかなぁ?本文が読みにくい。
顔文字なんて使わなくても伝わるよね。

顔文字を使うのはその人の自由ですけど、結構嫌になってます。
検索してもよくわからない。
読みやすくて、わかりやすい文章を作る人って、記号による装飾がないんです。
そのまま書いて画像を載せるだけ。

顔文字・絵文字で飾られた文章を見て、見やすいと想うでしょうか。
明るくさせる要素なんてないですよね。気分を害す要素にもなるということ。

うまく説明できないけど、わかるかなぁ・・・?

やあ、せつ子です。

前回、お姫様ドレスをあきらめて、買わないことを書きましたが・・・
なかなかいいものがあったのですよ!
これを買わないわけにはいきません。

鮮やかなピンク色で長袖で、ウエディングドレスのようなドレスが見つかったのです。
お値段は5000円でしたが、サイズもデザインも・・・
あたしのすべてに当てはまる商品だったのです。
素材はあたしの大好きなサテン生地で、着ているだけですごく幸せになります。

こんなに大きい!
20190310_000728583.jpg

後ろ姿も、あたしが求めていたドレスとほぼ一致でうれしい!
20190310_000804231.jpg

腰から下は、こんなに大きくてふわりとしています。
20190310_000947328.jpg


あたしが買おうとしていたドレスよりかわいい。
ただ、柄はなにもありません。付属品は、腰に巻く細いひもだけ。
それだけなのに、満足感が非常に大きいのです。
いいもの買いましたねえ!探し続けてよかったよ。出会えた!!

毎晩、これを着てなにをするのでしょうか。
それは、ひとりでお姫様ごっこしたり、ウエディングごっこしたり・・・
20190310_000653054.jpg

着たまま横になれば、全身がサテン生地に包まれる心地よさ。
眠たさも重なって、とろける感触にうっとり。

ドレスだけで全長が2メートルの、あえて一番大きいサイズを買いました。

大満足です。これで衣装遊びが楽しくなります。

やあ、せつ子です。

XPがメインのPCだったときに、はじめから付属されているゲームで
「インターネットリバーシ」というのがあった。

これは、ネットに接続している状態ならいつでも世界の人と遊べるというもの。

はじめはおもしろがっていたせつ子も、だんだん不思議に想えるようになってきた。

これって、本当に相手がいるのかなあ?
いつやっても相手が見つかるし、難易度を変えれば国だって変わる・・・

Vistaや7が増えてきたときに接続しても、ちゃんと相手が見つかって対局ができた。
「相手が見つかりませんでした」なんて、そんな画面は出てきたことがない。


せつ子は想うんですよ。
相手を見つけることはできても、見つけられた側に回ったことがない。
誰がどこで待っているの!?

「誰々さんがせつ子さんを見つけました」みたいな
招待をいただいたことは一度もなかった。


もうさすがにXP機はないから確認できないけど
2019年になった今でも、Win10が増えても、XPさえあれば・・・
まだ対戦できちゃうんだろうなあ。

どこか機械的な展開を感じるんです。
本当に人間なのかは誰にもわからない。


インターネットリバーシってXPだけなのかなあ。
不思議なゲームだったなあということは、今でもちゃんと覚えています。