やあ、せつ子です。

日本語は難しいのですが、せつ子には気になる単語があります。
それは「いくらでも食べられますね」

こんなこと言われたらどう想う?せつ子は考えちゃうなあ・・・
「いくらでも」ということは、限りがなくずっと続く・・・のかな?

だとしたら、こういうのはどうでしょうか。
目の前にお茶碗が1000億杯、10兆杯あったら、全部食べられるでしょうか?
せつ子だったら、全部食べちゃいます。自信あるよ!
だって、いくらでもなんでしょう?
10兆杯とは言わず、1000兆杯でもいいわね。

言い方を変えればいいのよ。
「いくらでも」と言っちゃうから理解が難しくなる。
やっぱり、「おなかいっぱいまでor満足するまで、食べられますね。」
これがいいと想うよ。


こんなことを考えるのはせつ子くらいしかいないよね、きっと・・・

そう、「いくらでも」かぁ。
言われたほうも困っちゃうよね。
限りなくご飯を提供しなくちゃいけないんだもん。
無限にご飯を出せる人なんていないよね。
だから、せつ子は10京杯でもいくらでも食べられます。
さあ、出してごらん!!


やあ、せつ子です。

今日は、友香のイラストです。

sキャプチャ3

今回の友香は、長く伸びた髪の毛をゆっくりと丁寧に編んでいます。
軽く目を閉じて、素敵な出会いに夢見ながら楽しんでいます。
腰くらいまで伸びてるのかなあ?

マニキュアも、お化粧もばっちり。香水もつけているのよ。

このあと、髪を整えてガラスの靴に履き替えておでかけします。
大好きなお馬さんに乗ってる姿も、もう一度描かなくちゃ・・・

ガラスの靴に履き替えているイラストはもうできています。
友香においては、ストーリー性を持たせるために
1枚ずつ、場面を変えてお届けしています。

お城のバルコニーで王子様と指輪交換も素敵ね。
いきなり指輪交換だとつまらないから、王子様とお散歩している姿も
しっかり描いて、手順を踏みながら、王子様と結ばれる日を描きたいですね。

自分の思い描いたストーリーで絵が描けるのは、とてもうれしいです。

次は、ガラスの靴に履き替える姿と、友香が履く靴だけのイラストをお届けします。


やあ、せつ子です。

アマゾンって、箱が大きいじゃない?
商品が届いて中身をチェックしたら、すぐに箱を折りたたんでいるのだけど
せつ子の腕も、いっしょに折りたたんでしまった。
たいへんよくできた、いい傷だよねえ。

608ae8892adb1b569fcf3fe3a6453290.jpg


腕を巻き込んで、あ・・・と想ったのですが、そのときには遅かったのよ。
しばらくは半袖の季節だから、よく目立つのよね。

やや長い引っかき傷ですけど、たいしたことないよ。
なにか言われたら「しろくまさんに引っかかれちゃった」
そうやって答えるしかないよねえ。
まさか、ダンボールで傷をつけたなんて、恥ずかしくていえないし・・・

この傷が、夏の思い出となりますようにと、いいように考えるしかないよ。

アマゾンのダンボールって、もっと小さくならないのかなあ。
小さい商品なのに、箱だけ大きくてびっくりしちゃう。
商品と箱の大きさを見比べたときの、あの表情です。
あんなにがっちり固定しなくてもいいと想う。
台座のようなダンボールの板に、ビニールでしっかり巻き付けられている。
クモの巣に引っかかった虫みたいに・・・!!


せつ子はもう寝ます。イラストも見せなくちゃ・・・
髪を編んでいる友香が出てきますよ!


やあ、せつ子です。

2回目のお料理日記「料亭おおくま」は、ハンバーグでした。
日本人が大好きな国民食!せつ子も作りました。

キャプチャ


あんまりおいしそうに見えないわねえ・・・

ソースにはマッシュルームを使っています。
「ほんだし」を入れたから、しょっぱくなった!
あまり入れないものを入れるから失敗するのです。

香りが伝わるような仕掛けがあればいいのですが
洋食屋さんの香りがしてきて、おどろいたよ。
お店の味が出るかなあと想ったのですが、出ませんでした。

色は濃くてそれっぽく見えますが、中濃ソースとしょっぱさが合わさって
あんまりおいしくありません。大根おろしでごまかしました。

左上の細長いのはソーセージを焼いたもの。
既製品のこっちのほうがおいしいし、白いご飯と合います。

なめこの味噌汁に「ほんだし」を入れるのが正解でした・・・
ハンバーグソースには、ほんだしは入れないよ。
味噌が多くて、こちらもしょっぱい!

ごめんなさい。調味料を間違えるこんなことしかできません。
おいしくなくても、おなかいっぱいになった。

やあ、せつ子です。

今日は、動物さんシリーズとして「ホッキョクグマ」のイラストを描きました。
大きな横顔と、親子2頭で休んでいる姿を作ったよ。


これが横顔ですが、毛の色はもうちょっとクリーム色だよねえ・・・

s_shrCg55s0OHkGwk1502374322_1502374499.jpg

これじゃあ、白熊とはいえない。毛並みと顔の長さでそれっぽく!
鳴き声が聞こえてきそうでしょう?
きっと、「なかよくしようよー!」って声を出しているのです。


こちらが、氷の上で周囲を見ています。
s_GCQRjL8K3IRHecz1502374550_1502375021.jpg


親子2頭で捕まえた魚を取られないように見張っているのです。
下にあるグレーの細長いのが魚のつもりなんですが、どうかなあ?

動物園にいる白熊を再現して、「お客さんとしろくま」を考えたのですが
動物エリア、人の姿と、えさやりの係員を描くのはできないので
自然界を生きる白熊を描きました。


せつ子が白熊を描いた理由は、涼しくなってもらいたいからです。

イラストは動物さんもいいかも・・・
いつも女の子だけじゃあ、つまらないでしょ。


お料理日記も作らないとね。
せっかく作ったカテゴリ「料亭おおくま」はオムライスの1個だけでした。
Mooもせつ子の料理を見たいでしょ。きっと、おなかすくわよ!