やあ、せつ子です。

しばらく、なにもしていませんでした。
日記自体、どんな状態だったかなあって半分忘れていました。
なんと、動物さんシリーズで止まっていたのね。


あと、日記を止まらせる原因のひとつに、これがあります。

0b1e4894a788777fc512e02005ff8c95.jpg


たいへんよくできた、とても素敵な傷跡でしょう?
この傷があるのとないのとでは大違い!
いい具合にぶつかって、しばらくしたらこんな状態に・・・
傷を作って、子宮もダメで、なにがいいのでしょう!
連休中くらいは、くまくまごっこしたいんだけどなぁ。


今日はお昼寝しました。
2時間くらいだったんですが、少し夢を見ていました。
せつ子だって、睡眠中は夢見ますよ。


このあと、朝までちゃんと寝ます。
白熊さんも眠いようです。


やあ、せつ子です。

今日は「動物さんシリーズ」の第3回目。

今回の動物さんは「はと」


太ったせつ子みたいな、ふっくらしたハトさんが、こちらを見ているよ。
なにを見つけたのでしょう。だんだん近づいてきました。

はと2



今度は、飛んできたよ。楽しさを分ける温かさ。
「こっちへおいでよ!」

はと1



「わたしの青い鳥」
桜田淳子ではありませんよ。

はと3



そうそう。
会社のホワイトボードに白熊やお魚さんにイラストを描いたら
「上手でかわいいですね!」「大熊さんうまいじゃん!」ってなったんだけど
トイレから戻ったら消えていました・・・

そうですよね。いくら端っこに描いたって、絵を描くボードじゃないですからね。
少し、華やかさを出そうとしたのですが、消されて当たり前・・・

やあ、せつ子です。

今年の夏は、千葉県も40度近くまで気温が高くなりました。
連日の真夏日で、ついに看板の文字も薄くなり・・・

いったい、ここにはなにが書いてあったのでしょうか?

sinaide_201809212223574ea.jpeg


青文字の「しないで」だけが残った無残な看板です。

よ~く見てください。
「Uターンしないで」と書いてあるのです!

「Uターン」の文字が赤く書かれていたことで、だんだん薄くなりました。
赤い文字は色あせるから、結果として消えてしまったということです。

もし、これが全部赤い文字だったとしたら、まっしろけっけ。

看板の、手書きというところがとても好き。


千葉県の8月は毎日35度以上が当たり前でしたが・・・
9月の後半になってから、20度に満たない朝が目立っています。
なんでしょう、短期間で20度以上も差があります。
気温差が極端で、今日は寒かったよ。


しないでしないで、もう寝ます。

やあ、せつ子です。

前回は、せつ子が中学生だったときの写真をお見せしましたが
今回は小学6年の、アルバムが見つかりました。
こちらも10年以上も前になりますけど、こんな顔でした・・・

setuko_201809170002372e9.jpg


やっぱり、掃除するとあれもこれも出てきておもしろい!
2005年3月くらいのせつ子!

暗くて、おとなしくて、ほとんどしゃべらない女子児童でした。
一番端っこに写っているせつ子が美しい。

「こんな人いたのかなあ?」というのも、もちろん同じ。


前回の中学生のせつ子と見比べてみよう。
あんまり変わってないことがわかります。

setuko_201809170002372e9.jpg  20180915_223412099.jpg




小学校、中学校ときたら、次は高校と想いますが、アルバムではなくCDでした。
ディスクの中に映像や写真、音楽が入っています。

過去なんて、思い出したくないよ。
ただ、ちょっとうれしくなったかな?

やあ、せつ子です。

あたしが中学生のときの卒業アルバムが奥から出てきておどろいたよ。
2008年の写真だったんですけど、あたしもちゃんと載ってたよ。
あたしは暗くて目立たない女の子だったんですが、今もそうね・・・
どう、少しは若いでしょ。

20180915_223412099.jpg


しかし、こんなことしてしまうと、なにかの被害者のよう。

ただ、10年以上も経つと、だんだん記憶も薄くなって
「こんな人いたっけなぁ?」というように、思い出せなくなる。

名前を見ても、顔を見ても、ぜんぜんわからない。
全体写真では、一番端っこに写っていたせつ子が美しい!
ここまで存在感のない女子生徒はほかにいないよ。
影の薄くて暗い女でわるうござんした!

失礼しちゃうわね、あたしはまだまだ現役よ!
もちろん、同級生の中でこのブログを知っている人は誰一人いない。
「熊」ということで、からかわれていたもんなぁ。
あたしを覚えている人なんて、どこにもいないよ。


次にアルバムをあけるのは、20年後くらいにしませんか?
そんなこと言ったら、あたしはおばちゃん・・・