やあ、せつ子です。

せつ子は1ヶ月くらいファミマに行ってません。
行かなくなったのには意味があるのです。
これはファミマだけじゃないと想いますが
「コンビニは高い」

そうなんです。
スーパーの値段と比較すると
よくわかるのですが、差額が大きい。

今まで損していたせつ子がいたんです。
「あってよかった」以上に利用していたので
この事実を知ってからは、意識して避けています。
だって、同じ商品が50円くらいも違うんです!
レインボーマウンテンが80円台で買えるのは
スーパーしかありませんよね。
差額が大きいし、まともに払っていたら
もったいないし、やってられないから
コンビニには入らなくなりました。

誰でも安いのが好きだよね。
たったの300円でドリンクとお菓子が
あれもこれも買えたのは、衝撃だったよ。
コンビニだと300円じゃあ1つ買っただけで
商品によってはそれでおしまいかもしれません。

いかにコンビニが高いところか実感した。
24時間やATMがいつでも使えるのだから
あんまり高い高い言えませんけど
やっぱり手が出ません。

ちょっと反省ですね、これは・・・

やあ、せつ子です。

人間が不快に感じる音はたくさんあります。
いくつかある中でも、特に不快な音に感じるのは
つめを立てて黒板を引っかく音があります。

せつ子も嫌いなのですが、ほとんどの人が
嫌いなので調べることにしました。


どうして不快に感じる・・・?
もっとも不快感を呼び起こすのは
2000~4000ヘルツの周波数帯だそうです。

脳の扁桃体(へんとうたい)が関係しているみたい。
好き嫌いを決めるのは、脳の中にある
扁桃体(へんとうたい)という器官の役割で
さまざまな感情を処理しています。

なるほどねえ。
きっと、みなさんもこの記事を読んで
背中がゾッとしたと想います。
せつ子も書きながら嫌な気持ちです。
「じゃあ書くなよ!」ですよね・・・

ちょうど、お昼休みに黒板と爪のお話になったんです。
せつ子だけじゃなくてみんな不快に感じているから
きっと何か決まりごとがあるだろうと想って
忘れないうちに検索したんです。


不快にさせてごめんなさい。
次はもっと楽しい記事を考えます。

やあ、せつ子です。

あのころに戻って、もう一度やり直したいことや
あんなことやこんなことを、もう一回やりたいなど
そんな気持ちになるときがありませんか。

もう一度、やり直したいことなんて
誰にでもあるんじゃないかな。
せつ子だってありますよ。

どういうときに戻りたいと感じる?
戻れたら、何をしたい?
これはおもしろい話題ですねえ。

わいわいと話せるテーマじゃないでしょうか。

せつ子の場合は、女子高生に戻りたいですね。
中学の3年間と高校の3年間って、同じ期間だけど
ぜんぜん違う!

高校は、ある程度自由があって
少々の寄り道をしてもしかられませんでした。
実は、お泊りしたこともあったんですよ!
仲良しの子と一緒に泊まる。
今ではそんなこと、できませんけど
あれはあれで楽しめましたよ。

きっと、大熊せつ子なんて、みんな忘れてますよ。
せつ子もあんまり想い出せないなぁ。

みなさんはどうでしょうか。
どんな自分に戻りたいですか。
考えてみると、おもしろいですよ。
もう、戻れませんけどね。

やあ、せつ子です。

料理番組などでよく聞く言葉として
「弱めの中火・強めの中火」があります。
せつ子は理解できなかったけど、よく咀嚼してみたら・・・
個人的な見解で説明しなくちゃいけない。

これは図があると非常に説明しやすいなあ。
図がお手元にないので文章で説明しなければならないね。

「中火を細かく分けた中の弱火」なのか
「弱火の中でもやや強め」
どっちだと想う?

やっぱり日本語は難しい?
世界的に見ても一番難しい言語が日本です。
日本以外の言語のほうがよっぽど難しいと感じますけどね!
(特にアラビア・・・)

"弱めの中火・強めの中火"
これは本当に難しい。
人によって意味のつかみ方が変わります。
せつ子はどうでしょうか。
料理が得意な方、教えてください。
永遠のテーマで終わらせたくないよね。
いつかは白黒はっきりつけよう!
せつ子とのお約束です。

せつ子だけかにゃあ。
"弱めの中火・強めの中火"をよく使う方
または料理の先生ですね。
あいまいで終わらせたくないのがせつ子の想い。

あと、「日付が変わる頃」っていつごろかな。
変わる頃ですから、0時になるかならないかくらいかな。

「川が流れる」もなんか変。
なんだろう。これでは川全体が流れていっちゃう。
「川の水が流れる」
これなら理解できそう。

「手紙を書く」も多少違和感あり。
"手紙に記す文章を書く"じゃないかな、と想いますね。
手紙そのものを書くわけじゃないからね。

「水筒を飲む」これは大変だ!
水筒を飲むといったら・・・
容器ごと体の中に入れるんですよ!!
小学生のときからおかしいな、と感じていた。


やっぱり、表現は難しいです。

やあ、せつ子です。

せつ子のブログでは、文章だけでなく
「著者の顔も見える」ブログとして
去年からせつ子の写真を載せて続けています。

どんな人がやってるのかな?
この人、どんな人?

これらの気持ちを緩和するために
顔写真つきでブログをやっているのだけど
最近になって、逆に不安になっちゃったの。

「女性の顔写真は、特に狙われますよ。」

そうねえ・・・
何も考えないで載せちゃったけど
これでいいのかしら。
しかも、「大熊せつ子」って本名まで
載せてるけど、ちょっと見えすぎじゃない?

これでいいのかしら・・・