やあ、せつ子です。

せつ子の夏休みと言っておきながら、何事もなかったように再登場!
いや、本当にハッキリしなくて申し訳ございません。

でも、今回ばかりはお許しください。だって、健康になったんですもの!!
しかも、みなさんの想いを捨てることなどできなかったんですもの!!
この喜び、感動を語らずにはいられません。
・・・というわけで、今回はあくまで例外?ではないですが
この先も数日ごとにせつ子の日常をお届けします。

幸せな気持ちになりました。
楽しいことばかりでなく、時には悲しいこともありましたが
今ではすべてよい思い出です。

もっともっと、せつ子と交流したいと感じませんか?
生活内で不思議に感じたことで盛り上がり
イラストなどのやりたいことをいろいろやって
気づけば10年以上が経過、当時小娘だったせつ子も立派なお姉さんです。


イラストでも料亭でもなんでも、また、やりましょう!

やあ、せつ子です。

今日は、命をいただく気持ちのお話。

「ようけい」
養鶏はね、採卵用の卵や食用の肉を得るために育てられる鶏だよ。
鶏肉を食べるときに思い浮かべてほしいなぁ。
「一羽一羽に、ありがとうって言わなくっちゃ。」

「ぼくじょう」
牧場です。ここで牛乳や食用の肉を得るために育てられる牛だよ。
牛乳を飲んだり牛肉を食べたりするときに考えてほしいなぁ。
「一頭一頭にありがとうって言わなくっちゃ。」

「ようしょく」
おいしい料理やご飯を作るために育てられるお魚だよ。
人間に対しても大事な栄養素になるから
「一匹一匹にありがとうって言わなくっちゃ。」


こうしてせつ子たちは命をいただきながら生きているんだ。
だから、体に吸収されるすべての生き物に、感謝の気持ちを込めなければならない。
「いただきます」「ごちそうさま」
ちゃんと言えてますか。飼育する人の気持ちも大切ね。


ここから、「残さず食べる」「好き嫌いしない」などといった
意識が芽生えてくると、鶏も牛もお魚もみんなうれしいよね。

やあ、せつ子です。

しばらく、なにもしていませんでした。
日記自体、どんな状態だったかなあって半分忘れていました。
なんと、動物さんシリーズで止まっていたのね。


あと、日記を止まらせる原因のひとつに、これがあります。

0b1e4894a788777fc512e02005ff8c95.jpg


たいへんよくできた、とても素敵な傷跡でしょう?
この傷があるのとないのとでは大違い!
いい具合にぶつかって、しばらくしたらこんな状態に・・・
傷を作って、子宮もダメで、なにがいいのでしょう!
連休中くらいは、くまくまごっこしたいんだけどなぁ。


今日はお昼寝しました。
2時間くらいだったんですが、少し夢を見ていました。
せつ子だって、睡眠中は夢見ますよ。


このあと、朝までちゃんと寝ます。
白熊さんも眠いようです。


やあ、せつ子です。

ネットだからできる差し替え・・・じゃないですけど
ちょっと前の、若かったときの写真が見つかったから
顔写真だけ差し替えました・・・!
周囲の絵柄は変更していないんだなあ。

本当は24歳なのに、10代の写真を載せているよ。
このようなことをしていいのかわかりませんが
特にだましているわけじゃないから、これでいいのかなあ?

あんまりかわらないでしょ?
せつ子だって10代のときがあったのよ。


基本的に、このようなブログでは顔写真はNGだと言われています。
文章や画像だけでは、どんな人が作っているのかわかりにくい。
だから、せつ子は著者の「見える化」をしているのです。

「こんな人が作っているんだよ!」

安心感を与えたいという気持ちのあらわれ。
せつ子もこれでいいと想います。
きっと、元に戻すんでしょうけど・・・

しばらくの間は、今より若い姿でお出迎え!


やあ、せつ子です。

2016年に入って、ブログの小さなところを
少し新しくしてみました。

1.写真とプロフィール
紹介文をちょっと変えたこと。
どこだか見つけられたかな?

あと、写真も変えたよ。
2016年1月現在のせつ子がお出迎え!
いつでもお待ちしております。
さえない表情でごめんなさい。

写真を見ると、年取ったなあと
そう想うようになりました。
以前よりふっくらしたと想います。

「こんな人がやってるんだよ!」
この気持ちは守り続けています。


2.カレンダー
カレンダーと月別アーカイブを合体しました。
曜日が月曜日から始まっているのは
カレンダーの作者がそうしたからです。
配置は自由に変更してくださいとコメントが
ありましたが、コーディングに自信がないので
そのまま使っています。技術ないからなあ。


テンプレートも変えようかと想いましたが
一度変えると、見栄えをよくするために
あれもこれも修正しなくちゃいけないし
この状態で読みなれているお客さんを
考えると、変えなくてもいいのかなあって。
大切な訪問者感覚で考えているのです。
あれだこれだ変更すると疲れちゃうし
これが読みやすいでしょう・・・?


この調子でいつまで続くかな?
誰にもわかりません。