やあ、せつ子です。

アイスキャンディーやガリガリ君などのお菓子には、スティックに当たりがあります。
なんだろう?製造者は良かれと想って当たりをつけているのだろうけど
当たりを引いた人からすれば、ありがた迷惑というか幸運というか・・・

きっと、小さく赤い色で塗られているんだと想うんだけども
実際、当たりが出た人で、交換を依頼したことはあるでしょうか?
仮に、あたしが当たりを引いても交換しようなんて前向きにはなれない。

同じものがもう一本もらえるチャンスなのに、どうしてもらわない選択なのでしょうか。

それは、後ろめたさと恥ずかしさ、やっていられない感があるからです。
当たりを引いたとして、その周囲の状況を考えると、とてもできない。

こんな設定はどうかな?
スーパーなどの大型店舗で当たりを引いたとき。
小さい個人店のようなところで当たりを引いたとき。

気分的には、個人店が交換しやすいし、きっと、お店の人も笑って
対応してくれるはずです。「はい、これね!よかったねえ」

しかし、これが大型店舗だったらどうかな?
おそらく、かなり面倒な感じで誰かを呼んだり、当たりの品を探したりして
結構、お互いにやりにくい環境が構成されるはずです。
交換までの流れをやるとしたら、窓口はサービスカウンターになるのかなあ。
「ガリガリ君の当たりが出たからこれをもう一本ください!」なんて
26歳のせつ子が言えるわけない。いい年した娘ができないよ。
だったら、同じお金を出してもう一本買うか、諦める。
しかし、これじゃあ当たりの意味がない。


こんなことを考える人も、小さい人だなぁ・・・
あたしの気持ち、わかってくれる人なんているかしら。

単発のイラスト「お姉さんの指」

イラスト「ゆりかのお勉強?」

comment iconコメント ( 3 )

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2019-05-25 16:26

私は結構平気で交換お願いしちゃうかも。笑
同僚はアタリ棒を所持しているのだが
せつ子さんみたいに交換をしぶってます。
小学生くらいの子供がいたら
行ってきて!って言えるんだろうなあ。
ん?私は小学生くらいの精神年齢ってことか?

名前: にゃんこ [Edit] 2019-05-25 23:16

こんにちは、小学生にゃんこ

堂々と交換できないよね!
仮に当たりを引いてもそのままポイだもん。あたしはね。
交換できる権利を手にしておきながら
今回のような複雑さがうまい具合に重なり合って
結局はなにもせず、が答えになる。

今日も晴れたよ!お酒がおいしいです。

名前: 大熊せつ子 [Edit] 2019-05-26 16:34

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)