やあ、せつ子です。

優先席に座るのは、座席の周辺に表示されている案内に一致する人ですよね。
なんらかの事情を抱えている人へ向けて用意された座席であることがいえます。

優先席に座っている人を見ると・・・?
ほとんどがスマホ持ってイヤホンしている人で埋まっています。
周囲に、優先席を必要としている人がいない場合は座ってもいいんじゃない?

せつ子は、優先席に座ること自体に罪悪感があります。
一度座ったとき、周りの目が恥ずかしかったからすぐに席を立った。
優先される項目がないから座らないというのが一番の理由。
この辺は、人によって意見が違いますよね。

普通の座席に座っていた場合、様子を見て席を譲っています。
「この人、立っているのがつらそうだから譲ろう!(酔っ払いは除く)」
「前に立っているのはお年寄りだから、座らせてあげよう!」

お年寄りや、怪我をしている人を見ると「どうぞ♪」って言っちゃう。
酔っている人にはなにもしないよ。好きなだけ飲んでふらついてる自分が悪い。

そうそう。あたしが電車の座席に座ると、だいたい起きるあの現象。
どこへ座っても、どうしてせつ子だけそうなるなの〜!?
また次回、お話しますね。


キャメルのリトルシガーですよ!

イラスト「自分に似た人」

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)